• 安価で継続出来る

    ボトルから出した薬

    トリキュラーは健康保険の対象外の薬であり、日本では医師の処方なしに飲むことは推奨されていません。しかし個人輸入で手に入れて、厚生労働省の地方支分部局で許可が下りればあるいは利用が可能になる場合もあります。

    Read more
  • 失敗しない避妊

    皿に出された様々な薬

    排卵日などで妊娠しやすさなどが変わるため、避妊をするように注意をした方が良いです。避妊道具としてコンドームとピルがあります。男女協力しながら取り組むことが重要です。

    Read more
  • タバコから身を守る

    薬を手に出す様子

    煙草を吸うことは、百害あって一利なしと言う人もいます。 煙草は、肺癌や心筋梗塞、脳卒中などの重い病気になるリスクを高め、健康を害するものとして認知されています。テレビでも、禁煙を促進するCMが盛んに流れています。

    Read more

避妊方法の一つ

医師が見せる薬

避妊効果が高いピルとは

結婚して子供ができても生活していけるなど生まれてくる子供がちゃんとした環境で育っていける環境になるまではきちんとした避妊をしてほしいですが、年齢が若いほどちゃんと避妊をしなくてはいけないのが現状ですがちゃんとできていないのも現状です。避妊の中でも効果的とされているのが低用量ピルです。ピルとは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた薬です。正しく服用すれば排卵する事抑える事ができます。排卵がされないという事は妊娠をしないので避妊効果は非常に高く期待できると言えるでしょう。その方法は毎日一定の決めた時間にピルを服用するだけです。とはいえ毎日の事なので毎日必ず同じ時間に服用しなくてはいけない点は注意が必要です。

超低用量ピルとはなにか

避妊方法で効果的な低用量ピルですが、欧米諸国でその服用率は非常に高いのに比べて日本ではまだ抵抗があるせいか服用して避妊を行っている人は少ないと言われています。ピルといっても実は様々な種類があります。昔はホルモン量の多いピルが服用されていましたが、副作用などで吐き気やめまいを起こす事も多かったといわれています。現在では低用量ピルよりもさらにホルモン量の少ない超低用量ピルも存在します。超低用量ピルは主に生理不順や生理痛が重い人などが治療用として服用する事を目的とした薬です。そのため保険のきかないピルが存在する中で超低用量ピルは保険が適用になりさらに避妊の効果も期待できます。ただしホルモン量が少ない分服用する時間はぴったり毎日同じ時間の服用をおすすめします。