安価で継続出来る

ボトルから出した薬

トリキュラーは健康保険の対象外

トリキュラーを利用するのに医療機関を受診する場合は、初診料や薬代、検査料などで数千円かかります。初回以降は初診料がかからなくなるとはいえ、処方を受けるたびに余分なお金がかかるのももったいない気もします。 それを回避するための方法がトリキュラーの個人輸入ですが、この方法で購入する場合は病院で処方を受けるよりはるかに安い金額で薬を使うことができます。 なるべく安い金額で購入しようと思った場合、この個人輸入で薬を手に入れて飲むといった方法もあります。

日本では手に入れにくい薬もいまや個人輸入で手に入れられる時代

これまでなら日本国内で認可されていない薬は、たとえ海外で実用化されている医薬品だとしても利用できませんでした。しかしインターネットで医薬品が購入できるようになり、輸入代理店なども充実してきた昨今では個人輸入する際のハードルもだいぶん低くなってきています。 トリキュラーのような避妊目的で利用する薬については、できれば医療機関を経由せず自分で管理したいというユーザーも多く、個人輸入はこういったニーズに合う購入方法として歓迎されています。 トリキュラーも国内では認可が下りていない医薬品ですが、どうしても利用したい場合は医薬品のサイトを通じて手に入れることもできます。もしどんなリスクがあるか知ったうえで、それでも購入したいと思っているなら一度個人輸入にチャレンジしてみてもいいでしょう。