失敗しない避妊

皿に出された様々な薬

自分の体のリズムを知る

女性は生まれながらにして子孫を残すために子供を産むための機能が備わっています。そのため女性の体には妊娠しやすい期間と妊娠しづらい期間というものがあります。毎月の生理にてそれを確認する事もできます。生理が始まってから2週間後くらいがだいたい排卵日と言われ排卵日までの2週間の期間を低温期と言います。排卵日から次の生理までの2週間は高温期と言われます。女性であれば自分の体のリズムを理解しておくのがよいかと思いますがそれを知る方法の一つとして基礎体温をつけるとわかります。人によって誤差はあるので基礎体温をつけて低温期から高温期に変わる直前が一番妊娠しやすい時期とされており避妊にもよりいっそう気をつけなくてはなりません。

日本でメジャーな避妊方法

日本では一番メジャーで一番手軽な避妊具として利用されているのはコンドームです。正しく使用すれば避妊効果は90パーセント以上とも言われています。性病の感染も防いでくれる実はすぐれ物なのですが、メジャーとはいえども実はちゃんと利用している人は少ないのが実態です。男性が避妊に積極的に知識がおり取り組んでくれる人なら良いのですがそうでない時には女性は困ります。妊娠してしまって傷ついてしまうのは女性なのですから、本当であればちゃんと避妊してくれない男性とは付き合うべきではないと言いたいところですが、そうもいかないため女性も低用量ピルを服用するなどの避妊するなどの対策が必要な時代なのかもしれません。ちゃんとパートナーと話し合う事も大切です。